用賀の美容院は憩いの場所。

私にとって用賀の美容院に行っている時間は憩いの一時です。美容院が苦手という人は多いですが、私は美容院に行くことが大好きで、2か月に1回行っています。本当は毎月通いたいのですがお金もかかるし時間がないので2か月に1回が限界です。

 

今通っている美容院は初めて行ったときに担当してくれた美容師さんが気に入ったので毎回行っています。今はカット・カラー・パーマとたくさんのメニューをお願いしていますが、どのメニューも他の美容院より安く、時間も早く、凄く丁寧です。シャンプーやトリートメント、カラー剤などいいものを使ってくれて髪の毛が傷んだと思ったことはありません。

 

用賀の美容質に行く前よりも潤っているようにいつも思います。美容院に行くと髪の毛や日々のケアについてたくさんの情報を貰えるのでいつも楽しみです。
自分が正しいと思ってやっていたことが実は髪の毛に悪かったり、知らないことをいつも気付かせてくれます。
施術前から最後までカウンセリングを丁寧にやってくれるので自分のなりたいイメージにより近づけます。

 

話をするのは苦手ですがすべての会話が自分の髪の毛の為になっているので欠かせません。

 

1008-14contents_03_box_icon.gif

これからの時代は

今では全国の美容室の8割は個人経営なのですが、ほとんどオーナーがメインのすたいっリストとなって、スタッフが1〜3人のサロンといった形に名ています。

 

さらにこの個人経営で営業スタイルについてのメリットとデメリットは、メリットとしてはブランディングが行いやすいといったことで、スタッフがすくないですから、店舗の特徴を出しやすくなっています。さらにスタッフ間の意思疎通や技術レベルもまとめやすくて、メニュー変更や企画もスムーズにできます。デメリットはスタッフの増減が大きな打撃になり、スタッフが少ないですから、休みは取りづらくなっていて、退職されるようなことがあれば、大きなリスクとなるでしょう。

 

さらに個人経営であれば、福利厚生の充実も厳しくなって、求人はかなりの努力が必要になっています。そして、独立することは簡単ですが、社会保険はないうえ、組織化しなくては収入はそれほどみこめないような時代になっています。そして24時間お仕事に生きるようになってくるでしょう。また、これからは終身雇用で働けるようなしっかりとしたお店に努めるといったことが理想の時代になりつつありますから、もしもお店を開業したいならばよく考えましょう。

 

一息つきたい時に行くところは

忙しく日々を過ごしているとほっと一息つきたくなるときが必ずあります。そんなときには、自分のためにも家族みんなのためにも用賀の美容室へ行きます。月に一度は行くように自分では決めているのですが、それ以外でも簡単なカットやシャンプーだけでもお願いする時があります。

 

すっかりおなじみの美容室だから電話をかけて予約をしてから行くのですが、どうしても予約でいっぱいの時もあり、そんなときは可なりがっかりしてしまいます。気を持ち直してあくる日にして貰うのです。
小さな個人経営の一人でやっている用賀の美容室なので、髪をカットしながら話し相手もしてくれます。デパートへ行ってバッグを買ってきたとか、他愛もない話でもお喋りに付き合ってもらえます。

 

カットをしたり、パーマネントをしてヘアースタイルが軽やかでいると、家族も喜んでくれます。自分が嬉しいばかりではなく、家族皆が美容室へ行くことを歓迎してくれるのがとても嬉しいのです。美容室は自分にとってはオアシスのようなものです。ほっと一息つくために行き着けの美容室があって本当に良かったなと思っています。